スクリーン確保も難しい!? 『君の名は。』の大ヒットと対比する韓国産アニメ映画の厳しい現状

Pocket
LINEで送る

新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』が空前の大ヒットを記録している。8月30日の報道によると、公開されてから3日間で観客動員数が約96万人、興行収入が10億円を突破したらしい。

今や日本はアニメ映画がひとつのジャンルとして確固たる地位を築いたとも言えるだろう。

韓国でもスタジオ・ジブリの作品や、劇場版『名探偵コナン』『進撃の巨人』シリーズなど日本のアニメ映画は人気が高い。

韓国産アニメ映画の反撃開始!?

ところがこの夏、その人気を両分しようと目論む韓国産アニメ映画が続々と登場している。