韓国で人気のジブリ作品と進出著しい日本映画の意外なジャンルとは?

Pocket
LINEで送る

スタジオジブリの長編劇場作品のなかから最も人気が高い作品を投票形式で選ぶ「スタジオジブリ総選挙」が韓国でも話題だ。その投票結果は、「ジブリ最高アニメ投票1位は“千と千尋の神隠し”」(『TVリポート』)、「ジブリのファンたちがジブリ最高作を直接選定した」(『ハフィントンポスト韓国版』)など、さっそく韓国メディアでも紹介されている。

芸能人やプロゴルファーもジブリ好き

もともと韓国にはジブリ・ファンが多い。日本でもヒットしたドラマ『美男<イケメン>ですね』でヒロインを務めた女優のパク・シネは韓国芸能界きってのジブリ好きで有名であるし、韓国の人気女子ゴルファーで“フィールドの妖精”と呼ばれるキム・ジャヨンも、以前取材したとき、「ジブリ作品など日本のアニメが大好きです」と言っていたほどだ。

韓国ではジブリ作品は必ずと言っていいほど劇場公開されており、『ハウルの動く城』などはジブリ作品で初めて観客動員300万人突破にも成功している。

ただ、韓国の大手ポータルサイトの評点によると、韓国人が最も好きなジブリ作品は『ハウル』ではないらしい。