米国NFLの国歌拒否問題、韓国では「態度が悪い」と即刻解雇された選手がいた!!

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)右がデイボン・ジェファーソン。
(写真提供=SPORTS KOREA)右がデイボン・ジェファーソン。

アメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)サンフランシスコ・49ersに所属するQBコニン・キャパニックの国家斉唱拒否問題が何かと話題だが、韓国でも過去にそれに近い事件が起きたことがある。

韓国のプロバスケットボール・リーグのKBLでの出来事だ。

国歌が流れているときにストレッチをしていただけなのに…

2015年3月18日、昌原(チャンウォン)に本拠地を置き、LGエレクトロニクスがスポンサーになっている昌原LGセイカーズの大黒柱であるアメリカ出身のデイボン・ジェファーソンに、試合前に会場に流れる韓国国歌歌斉唱の際、ストレッチをしながら体を解していた態度が「無礼だ」と非難集中。メディアやファンから厳しい声が上がったのだ。