「コリアカップ」にクリソライトら4頭が参戦!! 知られざる日韓競馬交流と韓国の“目論み”

Pocket
LINEで送る

(写真=S-KOREA編集部)第1回「コリアカップ」が開催されるソウル競馬場
(写真=S-KOREA編集部)第1回「コリアカップ」が開催されるソウル競馬場

本日9月11日、フランスのシャンティイ競馬場では、今年の日本ダービー馬マカヒキがニエル賞に出走する。大本番である凱旋門賞の前哨戦だけに、注目している競馬ファンも多いことだろう。

遠くフランスだけでなく、お隣・韓国でも同日、日本馬が出走するのをご存知だろうか。「2022年にパート1国に昇格」を目指す韓国が、第1回目となる「コリアカップ」を開催するのだ。

韓国競馬の発展には、日本競馬の影響が少なくない

そもそも韓国では、2013年9月から韓国馬事会(KRA)と東京シティ競馬(TCK)による国際交流競走、いわば“競馬日韓戦”が毎年行われてきた。