自国コンテンツを見限ってガンダムやエヴァに走る“オドック”が韓国で増殖している

Pocket
LINEで送る

(写真=著者撮影)ソウル市内にある『ガンダム・ベース』
(写真=著者撮影)ソウル市内にある『ガンダム・ベース』

韓国で注目を集めているバラエティ番組がある。毎週さまざまな分野の“オドック”(韓国のオタク)たちが自分の能力や知識を披露する『能力者たち』(MBC)という番組だ。

「日本特集一弾」と名付けられた8月25日放送分は、完全日本ロケで収録。3人の番組MCが8月7日から14日まで横浜みなとみらいエリアで開催されたイベント『ピカチュウ大量発生チュウ!』を堪能し、漫画『スラムダンク』の舞台となった鎌倉などを訪れつつ、日本のオタクたちが紹介された。非常に好評だったそうだ。
(参考記事:『スラムダンク』は今でも人気で『キャプテン翼』は拒絶されたワケ

そういったテレビ番組を見てもわかる通り、韓国のオドックたちの多くは、日本コンテンツのオタクだと言っても過言ではないだろう。

例えば、ガンプラ。