審判買収のKリーグ王者・全北現代への処罰決定。韓国はなぜ身内に甘すぎるのか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA PHOTOS)謝罪するKリーグの賞罰委員会
(写真提供=FA PHOTOS)謝罪するKリーグの賞罰委員会

Kリーグ2連覇中で絶対王者とされる全北現代モータースの審判買収問題に対する処罰がようやく下された。

全北現代のスカウトがKリーグの審判2人に金品を渡して試合で有利な判定をするよう嘆願し、審判2人も1試合あたり100万ウォン(約10万円)の現金を受け取っていたことが発覚したのは5月23日。あれから4カ月が過ぎて、ようやく処罰が下された格好だ。
(参考記事:今度は王者・全北現代に審判買収疑惑。Kリーグはなぜこうも不祥事を続けるのか

9月30日に賞罰委員会を開いたKリーグが全北現代に下した処罰は、「勝ち点9の剥奪と制裁金1億ウォン」。