『君の名は。』上映や“集団ボイコット宣言”…今年の「釜山国際映画祭」に注目が集まるワケ

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)釜山国際映画祭の開幕式の様子
(写真提供=SPORTS KOREA)釜山国際映画祭の開幕式の様子

10月6日から韓国では「第21回釜山国際映画祭(BIFF)」が開催されている。1996年から行われている釜山国際映画祭は、映画の出品数や訪れる映画関係者数などがアジア最多とも言われており、今年は69カ国から299作品が招待されている。

『君の名は。』の新海誠監督、『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督ら日本からも豪華ゲストが参加。アジア最大級の映画祭であることは異論がないだろう。
(参考記事: 日本の最新&未公開作品が集結!!「第21回釜山国際映画祭」招待作と出席予定のスターたちは?)

人気女優たちの過激な露出バトルも

私も過去2回、俳優イ・ビョンホンのインタビューなどで実際に現地で取材したことがあるが、その規模に驚く。何よりも内容が盛りだくさんなのだ。