往復ビンタに腹パンまで…韓国地下鉄で頻発する妊婦への“暴行”が看過できない

Pocket
LINEで送る

なにかと事件が多いとされる韓国の地下鉄。痴漢や盗撮などの性犯罪、優先席をめぐる老人トラブルなどが指摘されるなかで、新たな問題が目につくようになってきた。

妊婦に対するマタニティハラスメント(マタハラ)、いや暴行事件だ。

「確認してみないとわからん」

9月27日、ソウル地下鉄4号線の優先席に座っていた妊婦が「席を譲れ」と要求する老人男性に、いきなりおなかを殴られた。