サッカー専門誌による日本人Kリーガーたちへの容赦なき“格付け”4段階査定評価

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)
(写真提供=FA photos)

韓国には『Four Four Two KOREA』という月刊サッカー雑誌がある。その名の通り、イングランドのサッカー雑誌『Four Four Two』とライセンス契約を交わした提携誌で、韓国版は2007年に創刊。私は創刊以来、同誌で月に1回のコラムを担当しているが、その『Four Four Two KOREA』が最新号で興味深い特集をしていた。

題して「あなたの外人はお元気ですか? 2016年Kリーグ外国人選手評価」。まだシーズンは終了していないが、全日程の3分の2以上を消化した今、来季の補強ポイントも考えて、今季Kリーグでプレーしている外国人選手を査定しようという企画だ。

日本人で唯一、「TOP RATED」の評価を得たのは?

Kリーグ・クラシック12チームに所属する外国人選手を、「TOP RATED(最高の活躍)」、「APROVE(問題ないレベル)」「?(未知数)」「URGENT(活躍至急)」の4段階に分けて評価しているのだが、「TOP RATED(最高の活躍)」の評価が最も多かったのは…。