ファンの忠告と内なる自分の声に耳を傾け…イ・ジュンギを突き動かす原動力とは

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
(写真提供=SPORTS KOREA)

イ・ジュンギは2001年、キム・ヒソンと共演した『so basic』の紙面広告モデルとして芸能界デビューした。

以後、テレビCMやミュージックビデオなどで顔が知られるようになり、SMAPの草彅剛が主演した日韓合作映画『ホテルビーナス』で2000倍の競争率を勝ち抜いて出演。その後、映画『僕らのバレエ教室』で溌剌とした10代の姿を好演し、2005年に公開された映画『王の男』で韓国のアイコン=シンボルとなった。

ある男性は「僕の理想の女性だ」とも

彼のサクセスストーリーの始まりは、突然だった。