“純粋美の代名詞”と評されるチョン・ジヒョンの美しさと人知れず抱える孤独

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
(写真提供=SPORTS KOREA)

1999年にサムソン電子のCMで挑発的なテクノダンスを披露し、一躍広告界のスターとなって以来、大衆はチョン・ジヒョンにひとつのイメージを期待してきた。

清純ながらもセクシーなボディラインと、絹のような髪が醸し出す女神のような美しさ。

チョン・ジヒョンは今もこのイメージを持っているが、変身をしないと非難しているわけではない。アフロディーテはアフロディーテでいなければならず、なまじっかヘレナの真似をすべきではないのだ。

「カメラのフラッシュよりまぶしい」

映画『僕の彼女を紹介します』公開当時、マスコミ向け試写会の舞台にチョン・ジヒョンが姿を現したときのことだ。