韓国の女性タレントたちを悩み苦しめる盗撮問題

Pocket
LINEで送る

日本で人気の韓流エンターテインメント。その韓国芸能界の裏側を探っていくと、必ずといっていいほど耳にする言葉がある。

「最近人気の○□△のプライベートを盗撮したビデオの存在があるらしい」

○□△の名はそのときの人気や流行によって変わってくるのだが、ただの噂話だと決め付けて聞き逃すことはできない。

実際、1999年には一本のビデオテープが韓国社会を揺るがす大問題になったことがある。別名、“O嬢事件”。1989年ミス・コリア出身で、テレビのドラマやバラエティ番組でよく見かける人気女性タレントのプライベート情事を盗撮したビデオテープが出回った。テープは人から人に渡り、大量にダビング版が売り買いされ、インターネット上には無料ダウンロードができるサイトも誕生した。

とりわけ、インターネットによる流布は驚異的で、人々の間では「O嬢が韓国のブロードバント化の推進役を担った」と言われたほどである。

2000年秋にはP嬢の盗撮ビデオが出回ったこともあった。

P嬢とは、当時最高の人気を誇っていた“ダンスミュージックの女王”。彼女のビデオテープは、アダルトショップで1本1~8万ウォン(約1000~8000円)で売り買いされ、90分ノーカット版高画質なものになると、1本32万ウォン(約3万2000円)という高額でも飛ぶように売れた。