過労死した電通社員・高橋まつりさんに「他人事ではない」。過労死事件は韓国でも起きていた

Pocket
LINEで送る

電通の新入社員だった高橋まつりさんが過酷労働の末に自殺した事件は、早速韓国でも報じられている。

韓国メディアには、「一日20時間勤務…殺人的な労働の末に自殺した新入社員、労災認定」(『東亜日報』)、「新入社員の死を招いた残業…このままじゃダメだ」(『SBSニュース』)、「彼女は、会社に殺された」(『ヘラルド経済』)といった見出しがずらりと並んだ。

高橋さんが生前に残したツイッターの翻訳は、SNSやブログで話題になった。「かわいそうに…」という反応が多いなか、韓国人たちは口を揃えてこう言う。「他人事ではない」と。

過酷な労働実態の象徴「情熱ペイ」

というのも韓国では去年、「情熱ペイ(情熱+Pay)」現象が社会問題に浮上した。