KARAク・ハラ以上の美貌!? “チアドル”カン・ユニの魅力と紆余曲折

Pocket
LINEで送る

(写真=インスタグラム)
(写真=インスタグラム)

現在は、SKワイバーンズ(プロ野球)、原州東部プロミ(プロバスケ)、牙山ウリカード・ハンセ(プロバレーボール)のチアリーダーを務めるカン・ユニ。1990年4月25日生まれで、168cm、46kgとチアリーダーの中では小柄なほうだ。

しかも、ぱっちりとした二重、綺麗な鼻筋、スリムなスタイルと、まさに典型的な韓国美女といえるだろう。

そんなカン・ユニのチアリーダー人生には、紆余曲折があった。

チアリーダー引退宣言も…

高校生のときから2012年まで9年間、LGツインズ(プロ野球)のチアリーダーを務めていたが、長年積み重なった無理は彼女の足首を悪化させてしまう。手術を受け、2014年シーズンを終えるとチアリーダー引退を宣言したのだ。