日本の写真週刊誌でも紹介された韓国プロ野球の美しき“バットガール”たちの真実

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
(写真提供=SPORTS KOREA)

日本の有名写真週刊誌『F』の最新号を何気なく眺めていて驚いた。巻末で韓国プロ野球のバットガールについて紹介されているではないか。

記事は写真メインだったので、このバットガールについて詳しく紹介したいと思う。

日本のプロ野球では、新しいボールを審判に渡したり、バッターボックスに置かれたバットを片付けに行く“ボールボーイ”や“バッドボーイ”の役回りを文字通り男性が担当することが多いが、韓国では女性が行っている場合が多い。

チアドルよりもハードなバットガールの仕事

胸を強調したTシャツに美脚がさらに美しく見えるホットパンツ姿など、若干露出があるコスチュームでグラウンドを慌ただしく走る彼女たちはプロ野球ファンたちの人気の的で、SKワイバーンズのバットガールは “アイドル級の美貌ピンナ”の愛称で親しまれ、アイドル並みの人気を誇るほどだ。